新型コロナ 「延期だけで終わらせたくない」 創作能に無料招待 府内大学生50人 上京・アルティ /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

来月2日上演

 オリジナルの脚本・音楽による創作能「五月花(メイフラワー)」「黒船(ブラックシップス)」が11月2日、府立府民ホールアルティ(京都市上京区)で上演される。当初は5月を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期に。「延期だけで終わらせたくない」と、京都府内で学ぶ大学生50人を無料で招待する。雨宮章館長は「日本の新たな伝統芸能に触れてみてほしい」と話す。申し込みの締め切りは10月20日。【中島怜子】

 「五月花」は1620年、英国からアメリカ大陸に到達したメイフラワー号をモチーフにした作品で、2014年に米ロサンゼルスで初演。「黒船」は江戸末期、米国から浦賀港に黒船で来航したペリー提督と通訳として日米交渉に尽力したジョン万次郎の物語で、今回が初披露となる。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文797文字)

あわせて読みたい

ニュース特集