国民、年内に改憲草案 野党共闘に影響も 玉木氏表明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国民民主党は9日、党憲法調査会(会長・山尾志桜里衆院議員)の初会合を開き、玉木雄一郎代表は今年末までに憲法改正草案のとりまとめを目指す考えを表明した。野党第1党の立憲民主党は改憲論議に慎重な姿勢を崩しておらず、国民民主の動向は野党共闘に影響を与える可能性もある。

 初会合には一般市民も参加し、オンライン中継も実施。玉木氏は「これまでの憲法議論はイデオロギー対立になり、国民のための議論ができていなかった」とあいさつし、改憲草案の策定に取り組む考えを示した…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集