メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窓をあけて

森と薪と人=元村有希子

イラスト 羅久井ハナ

 サワードウブレッドは、ずっしりと重くて酸っぱいパンだ。ゴールドラッシュにわく19世紀の米国で金鉱掘りたちの腹を満たした。転じてアラスカでは、厳しい気候を強く生き延びる「本物のアラスカ人」をサワードウと呼んでたたえるという。

 ノルウェーでは、強く信頼できる人物をhel ved と称する。「硬い薪(まき)」という意味だ。硬く乾燥した薪は簡単に燃え、凍えた体を長時間温めてくれる。

 ノルウェーの作家が書いた「薪を焚(た)く」(晶文社)を読んだ。原題が「Hel ved」。森の木が人の手によって薪となり、燃やされるまでの一生を描く。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです