メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

低温調理は、袋に食材と油や調味料を入れ、加熱することが多い=葉山社中提供

 低めの熱でじっくり加熱する「低温調理」を楽しむ人が増えている。専用器具の登場で料理がしやすくなったこともあり、自宅で挑戦する家庭も増えてきた。だが、かたまり肉を使用する場合、殺菌が不十分で食中毒になる危険性もある。安全においしく楽しむための注意点を、専門家に聞いた。

 ●熱、通っていますか

 大手レシピサイトで「低温調理」と検索すると、745件ものレシピがヒットした。そのなかから、一般の人が投稿した、鶏肉料理のレシピを見てみよう。

 ――鶏肉を一口大に切り、耐熱の保存袋に調味料とともに入れ、空気を抜きながら口を閉じる。鍋に水を入れて沸騰させ、火を止めてから、500㏄の水を加える。肉の入った保存袋を鍋に入れ、40分間置く。時間がたったら、袋の中の肉を水洗いして盛り付ける――。おいしそうな料理の写真はあるが、温度についての記述がどこにもない。

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. コロナ感染を促進するたんぱく質発見 新薬への応用に期待 国際研究チームが発表

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです