メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『エリートたちの反撃 ドイツ新右翼の誕生と再生』=フォルカー・ヴァイス著、佐藤公紀・訳

『エリートたちの反撃 ドイツ新右翼の誕生と再生』

 (新泉社・2750円)

 2010年8月に古参の社会民主党員で現職のドイツ連邦銀行理事のティロ・ザラツィンが、出生率の高いトルコ系やアラブ系の移民によってドイツ人が不利益を被っていると主張する『ドイツは自滅する』と題する本を上梓(じょうし)した。この本が移民論争に火を付け、ティロのようなエリートが排外主義者の主張を代弁するようになった。ドイツの評論家フォルカー・ヴァイスは、ドイツ新右翼の本質が、エリート層が大衆の心…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  3. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

  4. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

  5. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです