特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

本村凌二・評 『アウグストゥス 虚像と実像』=バーバラ・レヴィック著、マクリン富佐・訳

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『アウグストゥス 虚像と実像』
『アウグストゥス 虚像と実像』

 (法政大学出版局・6930円)

平和を実現するための計算高さ

 世に英雄とよばれる定番は、アレクサンダー大王、カエサル、ジンギスカン、ナポレオンなどである。なぜだか、ローマ帝国の創設者アウグストゥス帝は念頭に浮かばない方々が多い。暗殺された大伯父カエサルの遺言で、オクタウィアヌスは19歳の若さで養子相続者に指名された。そのせいか、大軍を率いて先陣を切る勇将というイメージが薄いからだろう。

 前6世紀末に共和政を実現したローマ人の社会には、500年もの長きにわたって独裁者を忌み嫌う雰囲気が根強かった。カエサルでも共和政国家を倒すなどと表立って言えるわけではなかった。だが、終身の独裁官になったことが疑惑を深め、前44年3月15日に共和派の刃(やいば)に倒れる。カエサルには腹心の部下マルクス・アントニウスがいたので、共和派排除後、オクタウィアヌス派とアントニウス派の内乱がつづいた。その十…

この記事は有料記事です。

残り1748文字(全文2142文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集