メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

/1 スポーツ文化の未来と今=町田樹

=内藤絵美撮影

 なぜ、人間はこうも飽きず、スポーツに夢中になれるのだろうか――。今、手元に国内5大新聞があるが、それらのどれを開いても必ずスポーツ面が組み込まれており、スポーツという文化がいかに深く人間の生活に浸透しているかが一目瞭然となる。当然、世界各地の主要新聞を見渡しても、同様であることは言うまでもない。

 しかし、それもそのはずだ。なにせ人間とスポーツの歴史は古代までさかのぼれるのだから、もはや飽きる飽きないの次元で語るべきではない悠久の文化なのだろう。それはきっと、この先の将来も変わることがない。

 とはいえ、文化(culture)とは、その語源が「耕す」(ラテン語のcolere)という意味であるように、常に人が手を入れ続けなければ、やがて荒廃していってしまう。スポーツも時代の流れに応じて、アップデートを繰り返す必要がある。そして、新型コロナウイルスによる未曽有の感染症問題や東京オリンピック問題など、現代スポーツ界に山積するさまざまな問題を見るにつけ、私たちのスポーツ文化は今、大幅なバージョ…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです