メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道寿都町「核ごみ」応募 文献調査、13年ぶり

 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の建設立地を巡り、北海道寿都(すっつ)町の片岡春雄町長は9日、処分事業を担う原子力発電環境整備機構(NUMO、東京)を訪れ、選定手続きの第1段階に当たる文献調査への応募書を提出した。応募は2007年の高知県東洋町(後に撤回)以来13年ぶりで、17年に国が建設適地を示した「科学的特性マップ」の公表後初。神恵内(かもえない)村の高橋昌幸村長も同日、文献調査受け入れを正式表明した。

 片岡町長は9日午前、町内の調査対象エリアなどを記した応募書をNUMOの近藤駿介理事長に手渡し、「今日は入学手続きに来た。これから勉強をスタートする。ご指導いただきたい」と述べた。近藤理事長は「勇気ある取り組みに心から敬意を表したい」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  2. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  3. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです