河野行革相が困窮者支援活動を視察 「窓口のワンストップ化」目指すと表明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
食料の配布に参加する河野太郎行政改革・規制改革担当相(中央)=東京都新宿区の都庁前で2020年10月10日午後2時6分、田辺佑介撮影(画像の一部を加工しています)
食料の配布に参加する河野太郎行政改革・規制改革担当相(中央)=東京都新宿区の都庁前で2020年10月10日午後2時6分、田辺佑介撮影(画像の一部を加工しています)

 河野太郎行政改革・規制改革担当相が10日、東京都新宿区の都庁前であった生活困窮者への支援活動を視察した。河野氏は支援団体のスタッフから、行政の支援窓口が複雑化していることなどの説明を受け「さまざまな縦割りの状況が出ている。ワンストップ化を目指したい」と述べた。

 新設した「縦割り110番」に生活困窮者や支援団体からの声が寄せられたことがきっ…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

注目の特集