人気ゲーム「フォートナイト」のアプリストア一時復帰を認めず 米連邦地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アップルのロゴ=東京都中央区で、米田堅持撮影
アップルのロゴ=東京都中央区で、米田堅持撮影

 アプリストアから人気オンラインゲーム「フォートナイト」を削除したアップル社に対し、ゲームを運営する米ゲームソフト開発大手エピック・ゲームズが削除の一時差し止めを求めた訴訟で、米カリフォルニア州の連邦地裁は9日、エピック社の請求を棄却した。来年5月に始まる裁判で判決が出るまで、フォートナイトがアップルのアプリストアに復帰する可能性は低くなった。

 エピック社は8月、アップルが公式アプリストア「アップストア」でアプリ販売や課金に課している30%の販売手数料が「高すぎる」として、アップルのシステムを介さない独自の課金システムを導入した。アップルは、直接課金を禁止する利用規約に違反したとして、フォートナイトなどエピック社のゲームをアプリストアから削除。エピック社はアップルを独占禁止法違反で提訴するとともに、削除の一時差し止めを求めていた。

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集