「中国に好意持っていない」70%超 好感度、軒並み悪化 日米欧14カ国調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米調査機関ピュー・リサーチ・センターは10日までに、日米欧など14カ国で6~8月に実施した世論調査で、中国に好意を持っていないと答えた人が70%を超え、大半の国で好感度が大幅に下がったと発表した。新型コロナウイルス対応への不満が影響。習近平国家主席に対する評価も軒並み悪化した。

 オーストラリア、英国、ドイツ、オランダ…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文278文字)

あわせて読みたい

注目の特集