特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

ファクトチェック

ツイッターで拡散「任命拒否6人、ツールで低評価だから学者と言えない」は誤り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ツイートやネット番組で拡散した「任命拒否の6人が学術評価ツールで低評価」は誤り
ツイートやネット番組で拡散した「任命拒否の6人が学術評価ツールで低評価」は誤り

 日本学術会議の新会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題に関し、「6人を学術評価ツール『スコーパス』で調べたら全員低評価で、国際的にはとても学者とは言えない」とする内容の投稿がツイッターで広がった。このツイートは削除されたが、ネット番組でも同じ内容が紹介され、拡散している。しかし、スコーパス(Scopus)は英語中心の文献データベースで日本語の論文はほとんど収録しておらず、これを基に日本の人文社会系の研究者を評価するのは適切でなく、誤りだ。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

「とても学者とは言えない」ツイッターや動画で拡散

 問題のツイートは、10月5日に匿名アカウントから投稿されたもので、5000件以上リツイートされたが、現在は削除されている。次のような内容だった。

 <6人の学者について標準学術評価ツール;スコーパスで調べてみた驚愕(きょうがく)の事実。計測可能だったのはKYさんだけしかも、H-index2、あとの人みんなゼロ。国際的にはとても学者とは言えない数値。総理はこれを調べてこれらの人はじいたのでは?彼らは科学者ではないしもともと国際学者とは言えない>

 つまり…

この記事は有料記事です。

残り1588文字(全文2083文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集