高齢者のみとり態勢充実を 来年度「介護報酬」改定で社保審が方針

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 介護保険サービス事業者に支払う「介護報酬」の来年度改定に向け、社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の分科会が9日開かれ、厚労省は、有料老人ホームなどでの要介護者のみとり態勢を充実させる方針を示した。態勢を整えた事業者への報酬について今後議論する。

 少子高齢化が進む中、介護施設で最期をみとられる人は増え…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

あわせて読みたい

注目の特集