メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島竜王が羽生九段に勝利 急戦しかけ、52手で 竜王戦七番勝負第1局

第33期竜王戦第1局前夜祭で抱負を述べる挑戦者の羽生善治九段(左)。右は豊島将之竜王=東京都渋谷区で2020年10月8日午後6時、藤井太郎撮影

 東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われた将棋の第33期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)第1局は2日目の10日、豊島将之竜王(30)が挑戦者の羽生善治九段(50)に52手で勝ち、初防衛に向け先勝した。3期ぶり通算8期目の竜王獲得とタイトル獲得通算100期がかかる羽生は黒星スタートになった。

 矢倉戦を志向した羽生に対して後手番の豊…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです