メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢市のアートクリエーター支援事業 12倍超え、1274人応募 /三重

「観光業の起爆剤に」

 アート全般、文学や音楽、映像や演芸などの表現活動を行う国内のアーティスト・クリエーターたちを対象に伊勢市が創造の時間と場所を無償で提供するプロジェクト「クリエーターズ・ワーケーション」の応募受け付けが締め切られた。応募総数は1274人で、受け入れ枠100人の12倍を超える申し込みがあった。今後は外部メンバーによる審査委員会が書類審査によって今月第4週中にも受け入れ対象者を決定、応募者全員に通知する。

 当初の受け入れ枠は50人だったが、市の想定を超えて応募者が殺到したため、募集期間中に倍の100人に増やした。受付最終日の9日には300組を超える駆け込み応募があった。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  3. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです