メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治の三詩人、湖山研究 「謙虚な生涯に共鳴」 彦根の伊藤さんが出版 長浜 /滋賀

「近江が生んだ漢詩人 小野湖山」を出版した伊藤真雄さん=長浜市八幡東町で2020年9月28日午後0時24分、若本和夫撮影

 彦根市在住の元小学校校長、伊藤真雄さん(66)が「明治の三詩人」の一人、小野湖山(こざん)(1814~1910年)の生涯や作品にスポットをあてた「近江が生んだ漢詩人 小野湖山」(サンライズ出版)を出版した。【若本和夫】

 湖山は近江国浅井郡高畑村(現在の長浜市高畑町)生まれ。18歳で江戸に出て、初めは医学、後に詩を学び、三河国吉田藩(愛知県)に仕えたが、尊皇攘夷(じょうい)運動に加わったため、安政の大獄で幽閉された。明治維新後は伊藤博文や渋沢栄一らに漢詩を指導し、大沼枕山(ちんざん)、鱸松塘(すずき…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです