メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県美術展覧会 日本画と工芸、入賞者決まる /和歌山

工芸の作品を審査する審査員たち=和歌山市小松原通1の県民文化会館で2020年10月10日午後2時14分、新宮達撮影

 第74回県美術展覧会(県展=県主催、県教委、県立近代美術館、県美術家協会、毎日新聞和歌山支局、県文化振興財団、橋本市、新宮市、上富田町共催)は10日、和歌山市小松原通1の県民文化会館で3日目の作品審査があった。日本画(代表審査員=飯尾由貴子・兵庫県立美術館長補佐)と工芸(同=外舘和子・多摩美術大学教授…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  5. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです