雪舟ゆかりの名勝、復元 常徳寺庭園が一般公開 山口 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩盤から削り出した石組みや池の中島などが特徴の常徳寺庭園
岩盤から削り出した石組みや池の中島などが特徴の常徳寺庭園

 山口市阿東蔵目喜にある国指定名勝の常徳寺庭園が復元整備され、一般公開が10日始まった。室町時代後期の画僧、雪舟(1420~1506年、没年諸説有り)の築庭とされ、池に浮かぶ中島、石組みが織りなす景観が往時の姿を伝えるという。

 常徳寺は天正年間(1573~92年)に創建したと伝えられる古刹(こさつ)。築庭の経緯は不明だが、長州藩が江戸時代に編さんした文書に「雪舟之築庭」とある。庭園は土砂に埋もれていたが、199…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

あわせて読みたい

注目の特集