メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧海軍建設の針尾送信所電信室 きょうから一般公開 /長崎

一般公開が始まる針尾送信所の電信室。写真は発電機などがあった機械室

 佐世保市針尾中町の国の重要文化財「旧佐世保無線電信所(針尾送信所)」で11日、電信室の一般公開が始まる。コロナ禍で観光客が減る中、新たな観光資源として関係者は期待を寄せている。

 旧海軍が建設した針尾送信所は、主に艦隊などとの通信で使用した。鉄筋コンクリートの電信室(幅41メートル、高さ13メートル、奥行き23メートル)は、無線塔(高さ136メートル)3基の中央に…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです