メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇佐神宮 コロナ禍、いつもと違う放生会 みこしの練り歩きなく /大分

和間神社で執り行われた神事

 宇佐神宮(宇佐市)の大祭・放生会(ほうじょうえ)(県選択無形民俗文化財)が10日始まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、みこしの練り歩きがないなど例年と違う形式となった。12日まで。【宮本勝行】

 720年に、八幡大神が成敗した薩摩・隼人族の霊を慰めたのが始まり。全国の放生会のルーツとされ、実…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  3. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです