93学会「憂慮」声明 「政府、意見に耳ふさぐ」 学術会議人事

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本数学会や日本物理学会など理科系93学会が9日、日本学術会議が推薦した会員候補6人が政府に任命拒否されたことを憂慮する声明を出した。複数の学会トップが記者会見し、「政府は多様な科学者の真摯(しんし)な意見に耳をふさごうとしている」と危機感を示した。

 声明は「会員候補者の一部が、理由を付さずに任命されなかったことを憂慮する。対話による早期の解決を希望する」とした。

 記者会見で日本地球惑星科学連合の田近(たぢか)英一会長(東京大教授)は「文科系の研究者と政府の問題ではなく、研究者コミュニティー全体で捉える必要がある。学問の自由という普遍的で重要な理念が危機的な状況にある」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文568文字)

あわせて読みたい

注目の特集