メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

93学会「憂慮」声明 「政府、意見に耳ふさぐ」 学術会議人事

 日本数学会や日本物理学会など理科系93学会が9日、日本学術会議が推薦した会員候補6人が政府に任命拒否されたことを憂慮する声明を出した。複数の学会トップが記者会見し、「政府は多様な科学者の真摯(しんし)な意見に耳をふさごうとしている」と危機感を示した。

 声明は「会員候補者の一部が、理由を付さずに任命されなかったことを憂慮する。対話による早期の解決を希望する」とした。

 記者会見で日本地球惑星科学連合の田近(たぢか)英一会長(東京大教授)は「文科系の研究者と政府の問題ではなく、研究者コミュニティー全体で捉える必要がある。学問の自由という普遍的で重要な理念が危機的な状況にある」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです