メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

性暴力被害 社会の無理解、傷は深く=梯久美子・ノンフィクション作家

=西夏生撮影

 今年の放送文化基金賞を受賞したテレビドキュメンタリーを見る機会があった。未成年の性被害を取材した「なかったことに、したかった。」と、続編の「なかったことに、できない。」(制作・日本テレビ放送網)である。

 番組の中で、小学校の担任教師に被害を受けていた女性はこう言っていた。

 「先生ってそういうものだと思っていました」

 「抵抗や拒絶をしたら(相手が)どう変貌するかわからない怖さがあった」

この記事は有料記事です。

残り1485文字(全文1679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです