メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

朝鮮労働党75周年式典 新型ICBM登場 北朝鮮「三重苦」、結束に腐心

北朝鮮の朝鮮労働党創建75周年を記念して、平壌の金日成広場で行われた軍事パレードに登場した新型ICBM。朝鮮中央テレビが10日放映した=共同

 北朝鮮は朝鮮労働党創建75周年を迎えた10日午前0時(日本時間同)、平壌の金日成(キムイルソン)広場で大規模な軍事パレードを実施した。背広姿の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長も閲兵した。平壌での軍事パレードは、建国70周年の2018年9月以来で約2年ぶりだが、未明の開催は異例だ。17年11月に発射し、米本土全域の攻撃が可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」よりも大きい新型ICBMや、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)も登場した。北朝鮮を取り巻く内外の情勢とは――。【ソウル渋江千春、ワシントン鈴木一生】

 国営の朝鮮中央テレビによると、金委員長は約30分間演説し、「私の努力や誠意が不足しているので、人民が苦しい生活から抜け出せていない。にもかかわらず、人民はいつも私を信じてくれる」などと感謝の気持ちを繰り返した。一方で国内には新型コロナウイルスの感染者は一人もいないと強調。兵士や観客は誰もマスクを着用していなかった。韓国に対しては「手を取り合う日が来ることを願っている」と呼びかけ、米国への言及はな…

この記事は有料記事です。

残り2521文字(全文2987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです