連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

東京五輪、開催経費どうなる? 大会簡素化で300億円減 コスト増は3000億円以上=回答・小林悠太

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
IOC理事会終了後に記者会見する大会組織委員会の森喜朗会長=東京都中央区で2020年10月7日(代表撮影)
IOC理事会終了後に記者会見する大会組織委員会の森喜朗会長=東京都中央区で2020年10月7日(代表撮影)

 なるほドリ 東京オリンピック・パラリンピックの経費(けいひ)が削減(さくげん)されるって聞いたけど。

 記者 新型コロナウイルス感染拡大(かんせんかくだい)の影響(えいきょう)で、大会は来夏へ延期となりました。施設(しせつ)の契約延長や人件費など延期に伴うコスト増を最小化するため、大会組織委員会は6月に国際オリンピック委員会(IOC)と大会簡素化(かんそか)を図ることで合意しました。52項目を精査(せいさ)し、現状の削減効果は約300億円と公表しました。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文836文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集