メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

約束だからここに来た

故・小俣史織さんの遺影の前で話をする内藤いづみ医師

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 約束だから、ここに来た。本人は、もう、いない。でも約束は守りたかった。

 甲府市の在宅ホスピス医、内藤いづみさん(64)は9月26日、小俣史織さんの四十九日法要に出た。お盆の前、33歳の若さで亡くなった。クリニックから車で30分ほどの史織さんの実家の寺。敷地内に最期をみとった自宅もある。

 昨年9月、治療が困難とされるがんが見つかった。回復を信じ、史織さんは抗がん剤治療を受けて闘った。全身を襲う激痛。吐き気。水も受け付けない。東京の専門病院、地元の大学病院を経て、内藤先生を紹介された。著書をたくさん読んで「この先生だ」と思った。一方、内藤先生はできることはあるのかと悩んだ末、史織さんの前向きな姿勢に打たれ引き受けた。それが今春のこと。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです