メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 忘れ得ぬ先達の指摘 王銘琬九段が通算1100勝

趙善津本因坊を破り初の本因坊位を獲得した王銘琬九段=2000年7月18日、近藤卓資撮影

 <王銘琬九段 特選譜>

 第55、56期本因坊戦(2000年、01年)を連覇した王銘琬九段が9月3日に酒井猛九段に勝ち、史上17人目の通算1100勝を達成した。

 王は「日本碁界の中でここまで積み重ねてきた、そのことを認めてもらえるのはうれしい」と控えめに喜びを語った。

トップで戦っていた頃、勝ちは全て自分の実績だった。しかし「今は勝ちが個人的なものではなく、全体的な歴史の中にあると感じる」という。

 「私の修業時代は先生に打ってもらうことも碁を見てもらうことも少なかった。お手本に触れる機会が少ないから、先生方から盗んだ技の一つ一つが経験になり、それが自分の対局では有利に働きました」。誰もがAI(人工知能)というお手本にアクセスできる現代とは対照的だ。

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです