メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

同僚とのランチが苦痛=回答者・高橋源一郎

 生命保険会社で働く派遣社員。同僚とランチするのが苦痛です。人の悪口や子ども自慢、化粧品を売りつけられそうになったり選挙の名簿を書かされたり。そういうのがウザくて昼は独りで過ごしていたのに、「和を乱していると聞いた。皆とご飯を食べて」と派遣元の会社から注意されました。仕事はきちんとしています。我慢して一緒に食べないとダメですか。(48歳・女性)

 20代の10年間、わたしは肉体労働に従事していました。いわゆる「土工」です。現場の仲間に、本を読むような者はひとりもいませんでした。地面に板を敷いて座り、昼飯を食べながら交わす会話は、グチ、自慢、品の無い冗談、世間話、テレビタレントの噂(うわさ)話等々、意味のないおしゃべりばかり。でも、わたしは、喜んでそこに加わりました。すると、ひとりがこういいました。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです