日本学術会議、任命拒否された6人 「ツールで低評価」誤り 日本語論文、収録少なく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本学術会議の新会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題に関し、「6人を学術評価ツール『スコーパス』で調べたら全員低評価で、国際的にはとても学者とは言えない」とする内容の投稿がツイッターで広がった。このツイートは削除されたが、ネット番組でも同じ内容が紹介され、拡散している。しかし、スコーパス(Scopus)は英語中心の文献データベースで日本語の論文はほとんど収録しておらず、これを基に日本の人文社会系の研究者を評価するのは適切でなく、誤りだ。

 問題のツイートは、10月5日に匿名アカウントから投稿されたもので、5000件以上リツイートされたが、次のような内容だった。

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1740文字)

あわせて読みたい

注目の特集