メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操国際大会、東京で 4カ国参加 来月、五輪延期後初

 日本体操協会は10日、国際体操連盟(FIG)が11月8日に体操の国際大会を東京・国立代々木競技場で開催すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大による東京オリンピックの延期決定後、五輪競技の国際大会が日本で開催されるのは初めて。来夏の東京五輪に向け、運営面での試金石として注目される。

 大会は日本のほか、体操の強豪国で知られる中国、ロシア、米国の計4カ国の男女トップ選手らが参加し、2000人を上限に観客を入れて行う。東京五輪に向けた感染症対策のテストケースになるため、外国選手の出入国管理は、政府の感…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです