空き店舗、シェアキッチンで活性化 若手の腕試しに 東京・板橋の商店街

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新鮮な中にどこか懐かしさも漂う飲食スペース=東京都板橋区大山町で
新鮮な中にどこか懐かしさも漂う飲食スペース=東京都板橋区大山町で

 東京都板橋区のハッピーロード大山商店街に、誰でも使えるシェアキッチンがお目見えした。昨年閉店した履物店を改装したもので、新規出店を目指す若手の腕試しの場や住民サークルの出店に使ってもらいたいという。関係者は「街の活性化につながれば」と期待する。【川村咲平】

 シェアキッチンは、大型冷凍冷蔵庫や本格的な調理器具をそろえたキッチンスペースと16席の飲食スペースからなり、商品を並べるショーケースもある。半日単位で有料で貸し出している。

 昨夏、80年あまりの営業に終止符を打った老舗履物屋「かめや」の所有者が、商店街振興組合に対し「地域活性化に役立ててほしい」と持ちかけた。このため、空き家再生を手がける不動産会社「ジェクトワン」(渋谷区)と商店街振興組合でつくる株式会社が連携し、住民の要望も踏まえてシェアキッチンに改装した。旧店にあやかり「かめやキッチン」と名付けた。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文722文字)

あわせて読みたい

注目の特集