メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

樹齢100年超の飛驒産もみ、ライオン像に「気持ちだけでも勢いを」 岐阜・高山

木の良さのPRと新型コロナウイルス退散の思いを込めて制作された「木のライオン」像。口元にはフェースシールドを付けている=岐阜県高山市役所南玄関で

 岐阜県高山市役所南玄関に8日、巨大な木製のライオン像が登場した。飛驒高山森林組合の技術員、柴田敏幸さん(48)が樹齢100年を超える直径約1・2メートル、長さ約2メートルの飛驒産もみの木材を使い、約1カ月かけて、チェーンソーで木を彫るチェーンソーカービングの技法で制作した。14日まで南玄関に展示さ…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  4. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  5. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです