メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

アイヌの衣裳、刀下げ帯 祈りと生活、生んだ美

 1941年9月2日、東京・駒場の日本民芸館。図案家・杉山寿栄男のコレクションを中心に約600点を披露する「アイヌ工芸文化展」が始まった。連日多くの人が訪れ、杉山や言語学者の金田一京助の講演会は立ち見が出る盛況ぶり。要望に応えて、展覧会期を延長するほどだった。

 「民俗学や考古学ではなく、美術的観点から紹介した画期的な展覧会でした」。同館学芸員の古屋真弓さんは話す。

 79年後に開かれた同館の「アイヌの美しき手仕事」展では、戦災で焼失した杉山コレクションに代わり初代館長の柳宗悦(やなぎむねよし)と染色家・芹沢銈介(けいすけ)が収集した品を紹介、当時の展示を一部再現している。壁にリズムよく並ぶのは、植物繊維から作った糸や和人から手に入れた木綿を用いて作った衣裳(いしょう)、そして男性が正装の際身につける太刀を下げるための帯。展示ケースには、木製の儀礼具イクパスイ…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです