メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

研究のハッピーエンド=永山悦子

がん光免疫療法の薬などが承認されたことを受けて記者会見した楽天メディカルの三木谷浩史会長(中央)と、この治療法を開発した小林久隆・米国立衛生研究所主任研究員(右)ら=東京都千代田区で2020年9月29日、永山悦子撮影

 がんなど治療が難しい病気の治療の基礎研究について取材するとき、研究者に「何年くらいで臨床応用できそうですか」とたずねることが多い。患者にとって一番の関心事だからだ。基礎研究とは、マウスなど動物実験での成果。臨床応用とは、実際に人を治療すること。動物でうまくいっても、人でうまくいくとは限らない。うまくいかない方が多いともいえる。

 9年前、新しい方法のがん治療の基礎研究を取材した。がん細胞の表面にくっつく薬をマウスに注射してレーザー光を当てると、化学反応によってがん細胞だけが壊れるという研究。「光免疫療法」と名付けられていた。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 福井でクマ2頭、襲われ3人けが 敦賀の北陸新幹線工事現場など 1頭は射殺

  5. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです