メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

サキタリ洞遺跡(沖縄県南城市) 旧石器時代の多様性

サキタリ洞。「ガンガラーの谷」ガイドツアーの出発点で、ケイブ(洞穴)カフェでもある=沖縄県南城市で

 旧石器発掘捏造(ねつぞう)事件が発覚して20年がたち、その後の研究状況が気になる。日本列島の旧石器時代研究で、飛躍が感じられるのが沖縄だ。その原動力の両輪が石垣島の白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡と、本島の南部・南城市のサキタリ洞遺跡である。

 前々回、アジアを代表する旧石器人骨の港川人(2万2000年前)を紹介した。ただ、石器などの生活遺物がなく、考古学的評価の難しい状況が続いてきた。そこに、2009年に発掘が始まったサキタリ洞が風穴を開けた。沖縄の旧石器遺跡では例外的に、生活痕跡の宝庫だったのだ。

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです