メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

映画「みをつくし料理帖」で共演 松本穂香、奈緒 2人で挑んだ目で語る友情

松本穂香(右)と奈緒。映画「みをつくし料理帖」のシンボルであるキツネのポーズで=大阪市北区で2020年9月23日、菱田諭士撮影

 江戸時代を舞台に、幼くして別れた少女の友情と絆を描いた映画「みをつくし料理帖(ちょう)」。女料理人として奮闘する澪(みお)役を松本穂香、幼なじみの野江役を奈緒が演じる。メガホンを取るのは角川春樹。「生涯最後の映画監督作」と語る角川の直感で配役が決まった。松本は「監督に穂香のままで演じてほしいと言われてうれしかった」と振り返り、奈緒は「現場でいっぱい恥をかいて、少しでも成長できたらいいなと思った」という意欲作だ。

 原作は高田郁の同名時代小説シリーズ。8歳の澪と野江は姉妹のように仲良しだったが、大坂の街を襲った大洪水が2人を引き裂き、互いの消息が分からぬまま10年の月日が流れる。江戸に移り料理人として働く澪は、客が喜ぶ料理を作ろうと試行錯誤を繰り返している。一方、野江は吉原の遊郭「翁(おきな)屋」で花魁(おいらん)、あさひ太夫になっていた。

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです