メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海のパトロール強化 海保が無人航空機で実証実験 領海警備への有効性は?

海上保安庁が実証実験で使う「シーガーディアン」=海保提供

 違法操業をはじめとした海の犯罪や不審船に対するパトロールを強化するため、海上保安庁が大型無人航空機の導入を検討している。中国船による脅威が増大するなど日本近海の情勢が緊迫化しているためだ。海保は15日から無人機を実際に飛行させる実証実験を始め、有人機の代わりとなり得るか検証する。【山本佳孝】

 海保が実証実験で使うのは、米ジェネラル・アトミクス社製の大型無人機「シーガーディアン」(全長11・7メートル、全幅24メートル)。2009年に開発され、米税関・国境警備局(CBP)がメキシコやカナダの国境付近で密航や密輸の取り締まりに同種機を使っているプロペラ機だ。機体には赤外線カメラや海洋レーダーが取り付けられ、飛行時間は約35時間と有人機より長く活動できる特徴もある。

 実証実験は、青森県八戸(はちのへ)市の海…

この記事は有料記事です。

残り1997文字(全文2353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 中居正広&劇団ひとり&古市憲寿、絵本プロジェクトが集大成「アニメ化も視野に…」

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 大阪・万博記念公園の遊歩道で倒木 40代の頭を直撃、負傷 樹齢50年で腐食

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです