海のパトロール強化 海保が無人航空機で実証実験 領海警備への有効性は?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
海上保安庁が実証実験で使う「シーガーディアン」=海保提供
海上保安庁が実証実験で使う「シーガーディアン」=海保提供

 違法操業をはじめとした海の犯罪や不審船に対するパトロールを強化するため、海上保安庁が大型無人航空機の導入を検討している。中国船による脅威が増大するなど日本近海の情勢が緊迫化しているためだ。海保は15日から無人機を実際に飛行させる実証実験を始め、有人機の代わりとなり得るか検証する。【山本佳孝】

長い航続時間、昼夜問わず対応可能

 海保が実証実験で使うのは、米ジェネラル・アトミクス社製の大型無人機「シーガーディアン」(全長11・7メートル、全幅24メートル)。2009年に開発され、米税関・国境警備局(CBP)がメキシコやカナダの国境付近で密航や密輸の取り締まりに同種機を使っているプロペラ機だ。機体には赤外線カメラや海洋レーダーが取り付けられ、飛行時間は約35時間と有人機より長く活動できる特徴もある。

 実証…

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2353文字)

あわせて読みたい

注目の特集