メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTなどに関する情報発信や交流拠点「プライドハウス」 東京・新宿にオープン

「プライドハウス東京レガシー」のオープニングイベントで記念写真に納まる元女子プロバスケットボール選手のヒル・ライアンさん(前列中央)、松中権代表(同右から2人目)ら関係者=東京都新宿区で2020年10月11日、北山夏帆撮影

[PR]

 LGBTなど性的少数者に関する情報発信や交流の拠点となる施設「プライドハウス東京レガシー」が11日、東京都新宿区にオープンした。プライドハウスは大型スポーツ大会に合わせて世界各国で臨時に開設されているが、常設施設は国内初。

 施設は相談の専用部屋を備えているほか、今後は東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の公認プログラムとして交流会やスポーツイベントを通じてLGBTへの理解を広げていく。代表の松中権(ごん)さん(44)によると、スポーツの世界は当事者たちにとって「ファイナルフロンティア」と呼ばれるほど差別や偏見が根強く残っているため、安心して集える場として2010年バンクーバー冬季五輪以降各国で開設されている。

 11日にあったオープニングイベントでは、元女子プロバスケットボール選手のヒル・ライアンさん(27)が「トランスジェンダー」(生物学的な性と自認する性が異なる)をカミングアウトし「それぞれの人のユニークさをポジティブにとらえる文化を実現できる場だと思う」と期待を語った。

 松中代表は「コロナ禍で家にいる時間が長くなり、当事者が安心して自分のセクシュアリティーについて話せる場が減っているので、この施設がそういう場になれば」と話している。施設の開館は月金土日の午後1~7時。入場無料。【南茂芽育】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです