肥薩おれんじ鉄道 11月全線運行再開 九州豪雨被災、4カ月ぶり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
九州豪雨で崩れた土砂が流入した肥薩おれんじ鉄道の線路=同社提供
九州豪雨で崩れた土砂が流入した肥薩おれんじ鉄道の線路=同社提供

 7月の九州豪雨で被災し、一部区間で不通が続いていた熊本県と鹿児島県を結ぶ第三セクター「肥薩おれんじ鉄道」(熊本県八代市)が11月1日、全線で運行を再開することになった。全線運行は7月3日以来約4カ月ぶりとなる。

 肥薩おれんじ鉄道は、八代駅(八代市)から川内駅(鹿児島県薩摩川内市)までの計28駅をつなぐ。7月4日未明からの豪雨で線路内に土砂が流入したり、線路下の土砂が流出したりして…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

あわせて読みたい

ニュース特集