メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#排除する政治~学術会議問題を考える

菅首相二つの狙い 「徹底破壊して」作る暗い世界 経済学者・安冨教授が読む

安冨歩・東京大東洋文化研究所教授=東京都千代田区で、森田剛史撮影

 「既存の支配層を切り崩し、自助努力を重視する体制作りへの第一歩。おじいさんたちが、昭和の日本を再興させようとしているようです」。日本学術会議の任命拒否問題について、経済学者で東京大学東洋文化研究所の安冨歩教授(57)は、イギリスのサッチャー政権を思い起こすという。サッチャー政権を鋭く批判したロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの森嶋通夫名誉教授にも師事した安冨教授に詳しく聞いた。【大迫麻記子/統合デジタル取材センター】

 ――今回の任命拒否をどう見ますか。

 ◆そもそも学術会議に推薦されるような先生方は、みなちゃんとした方ばかりで、私のような過激な人はいません。その人々を拒否するというのは、実に過激な行動と言わざるを得ませんね。

 2016年にも欠員の補充人事で拒否をしていたようですが、政府が任命拒否の理由を言わないのは狡猾(こうかつ)な作戦。そうすれば人々が勝手に理由を勘ぐってしまうからです。そういった勘ぐりを通じて、研究者をおとなしくさせるのが狙いなのでしょう。

 ――何のために、「おとなしくさせる」必要があるのでしょうか。

 ◆二つ理由があると思います。

 まず、社会の重要な価値を帯びた秩序を切り崩す際に、アカデミズムの批判があると、何かとめんどくさいからです。

 もう一つは、アカデミズムは体制批判の機能も帯びていますが、同時にエスタブリ…

この記事は有料記事です。

残り2927文字(全文3503文字)

大迫麻記子

1999年入社。暮らしや経済、文化・スポーツを中心に、徹底したユーザー目線で「今」を伝えます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです