メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特薦盤

クラシック 梅津時比古・選

 ■フランチェスコ・ピエモンテージ(ピアノ)/シューベルト:ピアノソナタ第19・20・21番(キング)

 1983年生まれのスイスの新進ピアニストがシューベルトの最後の3曲のソナタに取り組んだ。第21番の演奏は、たんたんとやわらかい感性が深刻ぶらずに流れてゆく中で、右手と左手の対比が本質を捉え、バスがシューベルトに巣くう異形の情念を表す。一般的にシューベルトには若い感性がなかなか溶け込まないが、ここではその潑剌…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです