メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

すたこら ありがとう、東京

 私の出身地は、東北の超がつくほどの田舎である。映画館もデパートもない。だだっ広い土地と、街を歩けば必ず知り合いとすれ違うほどの狭い世間。東京に行くのだって立派な旅行だった。

 旅行するたび、憧れた。高層ビル群、すれ違う人びとが発するオーラ、すべてが常に最先端なところ。田舎にはないものがここには全部あった。ガイドブックを片手に抱え、東京のきらめく夜景を眺めながら「私は将来、ここで輝くんだ!」と信じて疑わなかった。

 焦がれてやまなかったその東京に打ちのめされたのは、上京3年後の就活中のこと。どこかで自分は特別な存在だと思い込んでいた。でも実際は全く普通の人間だった。私のような地方出身者はどこにでもいて、企業側にとって私は、代わり映えしない就活生の一人でしかなかった。自分はちっぽけな存在だということを、まざまざと思い知らされた。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです