メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

新聞の価値高める舞台裏訪問

新型コロナウイルス関連の記事を分かりやすくデザインする堀内さん=毎日新聞東京本社で

 新型コロナウイルスの大流行に見舞われた今年。命に関わる必要不可欠な報道が増え、新聞の重要性はますます高まっている。そこでキャンパる編集部は、毎日新聞東京本社の二つの部署、情報編成総センター・ビジュアルグループと、情報調査部を訪ねた。どちらも、新聞が伝える情報について、読者が理解を深めるための大切な役割を担っている。話を聞いたのはそれぞれ、堀内まりえさん(29)と、湯浅聡さん(57)。15日から始まる新聞週間に合わせて、普段は読者の目の届きにくい新聞制作の舞台裏を紹介したい。

 新聞を広げたとき、ぱっと目に飛びこんでくる地図やイラスト、色とりどりのグラフ。これらは、文字だけでは伝えにくい情報を視覚化し、読者に分かりやすく提示する「ニュースグラフィック」と呼ばれるもの。朝刊、夕刊、ウェブサイトに向けて、新聞社のデザイナーは日々、さまざまなニュースグラフィックを制作している。この紙面の左上にある「キャンパる」のロゴも、ビジュアルグループで作られたものだ。

 堀内さんは新潟県の長岡造形大学出身。卒業後、毎日新聞社に就職し、ビジュアルグループに配属されて今年で7年目だ。普段の出社時刻は昼過ぎから夕方ごろで、作業は深夜にまで及ぶ。仕事量は日によってばらつきがあり、多い日には次々と依頼が来るという。扱うのは政治、経済などの硬派ニュースから医療分野、生活情報など幅広い。また当日や翌日の紙面と並行して、制作に1カ月ほどかかる特集記事のデザインも手がける。

この記事は有料記事です。

残り2684文字(全文3311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです