メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

サンマの混ぜご飯 冷やしお吸い物

焼いたサンマを手にする西川ヘレンさん=大阪市北区で2020年8月28日、菱田諭士撮影

 すっかり涼しくなって、食欲が増す今日このごろ。秋の味覚、サンマを乗っけた「サンマの混ぜご飯」を西川ヘレンさんに教えてもらいます。

 今年も不漁で値段が高い割に、身が細いサンマですが、ヘレンさん流でおいしくいただきましょう。サンマは塩焼きにするんですが、ここでポイントが。「あとでほぐしやすいように、包丁で切り込みを入れておきましょう」。背に近い所に切り込みを入れて焼きます。その焼き方も「皮はよく焼きましょう。香ばしくいただけます」。

 ご飯に炊き込む具は、シメジ、ゴボウ、薄揚げ。下ごしらえにもポイントが。シメジ、薄揚げはみじん切りに、ゴボウは細めのささがきにします。ご飯とよく混ざり、いいだしが出ます。味付けは薄口しょうゆと塩、酒で、薄めにします。

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです