SMS認証代行は違法です 知らずに詐欺事件「加担」も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 スマートフォンのアプリ登録時などに必要なショートメッセージサービス(SMS)による認証の違法な代行が相次いでいる。法に触れる可能性を知らないまま代行を繰り返しているケースもあり、代行の摘発を進めている埼玉県警は、代行を持ち掛けるツイッターの投稿に警告文を返信する取り組みを始めた。

 SMS認証は、アカウントの不正取得やなりすましを防ぐために幅広く採用されている。アプリの会員登録などの際に利用者が携帯電話番号を入力すると、事業者は番号宛てに「認証コード」を送信。そのコードを入力することで本人確認が完了する仕組みだ。

 これに対して「認証代行」はSIMカードに登録された携帯電話番号を依頼者に教え、さらに事業者から届いた認証コードも伝える手法。依頼者が身元を隠したままアカウントを取得できる「抜け道」を作り、不正取得を助けることになる。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文898文字)

あわせて読みたい

注目の特集