メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

ステージ /東京

[PR]

 ■新国立劇場 舞踊芸術監督 吉田都 就任公演「ドン・キホーテ」

 23~25、31日、11月1日(開演時刻は日によって異なる)、新国立劇場 オペラパレス(東京都渋谷区、京王新線初台駅)。オンライン有料配信も別にあり31日の夜公演と特典映像を回数制限なく鑑賞できる(11月30日まで配信)。芸術監督=吉田都。原作=ミゲル・デ・セルバンテス。音楽=レオン・ミンクス。振り付け=マリウス・プティパ、アレクサンドル・ゴルスキー。改訂振り付け=アレクセイ・ファジェーチェフ。指揮=冨田実里。管弦楽=東京フィルハーモニー交響楽団。出演=新国立劇場バレエ団。ドン・キホーテとサンチョ・パンサが旅で出会った、宿屋の看板娘キトリと理髪業のバジルとの恋物語をおおらかに描く、華麗で力強い人気演目。全席指定、S席税込み1万3200円など。収容率緩和により13日から追加チケットを一般販売。新国立劇場Webボックスオフィスhttps://pia.jp/nntt/など。問い合わせ同劇場ボックスオフィス03・5352・9999(10~18時)。オンライン配信は同2500円でhttps://chicoissyo.com/special/ballet.html。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです