メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞 「受賞者記念室」来春開設へ 県、8人の業績紹介 名古屋 /愛知

ノーベル賞受賞者記念室のイメージ(愛知県提供)

 県は12日、県内の大学や研究機関に在籍経験のあるノーベル賞受賞者の業績を紹介する施設を、名古屋市と共同で市科学館(同市中区)に整備すると発表した。「あいち・なごやノーベル賞受賞者記念室」として2021年3月23日にオープンする。【太田敦子】

 紹介するのは01年化学賞の野依良治氏から19年化学賞の吉野彰氏まで8人。小中高校生を主な対象に、研究の内容を壁一面の映像でわかりやすく伝えるほか、研究者の人となりをストーリー仕立てで紹介する。同館地下2階サイエンスホール内の約300平方メートルに設置し、整備費10億円は市…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです