冬の使者、今季初渡来 コハクチョウ、昨年より2日早く 長浜 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水田で羽を休めるコハクチョウ=滋賀県湖北野鳥センター提供
水田で羽を休めるコハクチョウ=滋賀県湖北野鳥センター提供

 冬の使者・コハクチョウが12日、長浜市早崎町の「奥びわスポーツの森」近くの水田に渡来した。琵琶湖周辺への今季初渡来で、昨年より2日早い。

 午前9時40分ごろ、湖北野鳥センターの職員が成鳥3羽を確認した。職員によると、長旅の疲れを癒やすかのように水田で落ち穂などを食べているという。

 コハクチョウはカモ科の大型の水鳥で、翼…

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文234文字)

あわせて読みたい

注目の特集