メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高円宮妃久子さま 杜園の作品に関心寄せ 奈良・春日大社特別展 /奈良

高円宮妃久子さま(左)に展示作品の説明をする花山院弘匡宮司=奈良市の春日大社国宝殿で(代表撮影)

 高円宮妃久子さまが12日、春日大社国宝殿(奈良市)で開催中の奈良人形の彫刻家・森川杜園(とえん)(1820~94年)の生誕200年を記念した特別展「芸能の美・杜園の心」を鑑賞された。

 特別展には春日若宮おん祭を起源とする奈良人形など、杜園の作品が前後期合わせて約90点並ぶ。このうち「春日龍神」など計7点(通期展示)が久子さまの所蔵作品。久子さ…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「波に乗れた」西部ガス、芽生えた自信 村田1失点完投 鷺宮製作所に競り勝つ 都市対抗

  3. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです