メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「周りに助け求めて」 絵本作家ら、自殺予防の特別授業 和歌山・加太中 /和歌山

読み聞かせをする夢ら丘実果さん=和歌山市加太の和歌山市立加太中学で、木原真希撮影

 独りで悩まずに相談を――。若者の自殺予防教育に取り組む絵本作家の夢(む)ら丘実果(みか)さん=東京都=らによる特別授業が、和歌山市立加太中学校であった。全国では、コロナ禍でストレスや悩みを抱えている生徒が多くいるとみられ、夢ら丘さんは「自ら命を絶つ若者が多いが、助けてくれる人は必ずいるので、まずは周囲に相談してほしい」と呼び掛けた。【木原真希】

 夢ら丘さんは、自らがいじめを受けた経験があり、子どもの自殺報道などに接する中で、「子どもたちの命と心を守りたい」と2007年、自殺予防絵本「カーくんと森のなかまたち」を出版した。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  3. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  4. 参院長野補選 立憲が弟の羽田次郎氏擁立へ 野党統一候補の見込み

  5. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです