「周りに助け求めて」 絵本作家ら、自殺予防の特別授業 和歌山・加太中 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
読み聞かせをする夢ら丘実果さん=和歌山市加太の和歌山市立加太中学で、木原真希撮影
読み聞かせをする夢ら丘実果さん=和歌山市加太の和歌山市立加太中学で、木原真希撮影

 独りで悩まずに相談を――。若者の自殺予防教育に取り組む絵本作家の夢(む)ら丘実果(みか)さん=東京都=らによる特別授業が、和歌山市立加太中学校であった。全国では、コロナ禍でストレスや悩みを抱えている生徒が多くいるとみられ、夢ら丘さんは「自ら命を絶つ若者が多いが、助けてくれる人は必ずいるので、まずは周囲に相談してほしい」と呼び掛けた。【木原真希】

 夢ら丘さんは、自らがいじめを受けた経験があり、子どもの自殺報道などに接する中で、「子どもたちの命と心を守りたい」と2007年、自殺予防絵本「カーくんと森のなかまたち」を出版した。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文881文字)

あわせて読みたい

注目の特集