メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段ー豊島将之竜王 第9局の5

前名人 白星発進

 稲葉の苦しい時間が続く。6筋からアヤをつけにいくが[後]6二歩と今度は逆に謝られてしまった。冷静な豊島相手に付け入るスキはなく、とうとう玉に向けて追い込みが始まった。[後]9七桂に「はあー」と大きく息を吐いた。使えなかった飛車をどうにか転換し飛成がかなったが、すでに差は歴然でまもなく敗れた。終了図から[先]8九玉は[後]7八馬から詰む。

 感想戦では角を取り合う前の変化で終わり、終盤の検討は行われなかった。「うまくは指していないんですけど、一応有利は保ったかなと……」と豊島がぽつり言うのみ。稲葉も、馬を取られたあとは粘っているだけ、と終盤に気になる変化はないようだった。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです